スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

消化不良腸炎と膀胱炎

: 消化不良腸炎と膀胱炎

<あくまで、うちの猫がかかった病気や症状などです>
今後、産まれてくる子猫たちのために、改めてうちのこが かかった病気を記しておく事で、役に立つ事がでてくるんじゃないか、と思い書いた記事ですから、もし、おたくの猫ちゃんに異変があるなら、まずは病院へ行ってあげてくださいね。ココで病気についての質問等にはお答えしません。私は医者じゃないですので。ご理解下さい。ただし、うちの子はこんな症状だったよーとかそういぅのは逆にコメントしていただきたいです。同じ病名でも、症状が異なる場合もなくはないでしょうから。参考にさせていただく事もあるかと思います 

<閲覧をお断りしたい方>
動物には自己治癒力があるんだから、病院通いなんてさせないで
 ほっときゃ治る。と思ってる方は直ちに閲覧をおやめになって下さい
病院へ通わせる事でストレスになる。とかそれも飼い主さんなら想う事もあるとおもいますが
(それもペットへの思いやりですが)私は、早期発見、治療を迷わず選びますので
閲覧をおやめになった方がいいと思います。



: 消化不良腸炎

症状 : 血便

トイレ掃除をしていて少量の血がついた便を発見
便の大きさからみて、ななであろうと思い病院へ

症状からして、消化不良をおこし、便が硬く腸を傷付けてしまったのだろぅとの診断
飲み薬だけでしたが、1日で症状は治まり
そのまま様子をみたが完治していた。


: 膀胱炎

症状 : 血尿、トイレの回数が多い、トイレに頻繁に行くのに用を足さない

これはたまたま、なながトイレしてる時に何気に見てたら
おしっこをしたそぅなのに、おしっこを出さない・・・事に気づいた
で、少量のおしっこに混じって血が。
即効病院へ。

膀胱炎は、細菌が膀胱内で繁殖して炎症を起こす病気

血液検査をし、
飲み薬、注射での治療
水分を多く取らせて、尿をうながす。

たしか、1週間ほどで治った…と思う。
血尿がでなくなってからも、しばらくお薬などは投与し続けた方が
いいらしぃ。というのも、治ったかのよぅに見えて、実はまだ
細菌が膀胱内で生きていて、しばらくするとまた繁殖して
症状を繰り返すからだ。そうなると今度は
慢性膀胱炎となり、猫にとってはツライ日々が続くことになる…




ちなみに
血尿と似て、ピンク色の尿がでている場合、食物の中の赤い色素が出る事もあるけども
「血色素尿」の場合も。
これは、赤血球の色で見た目では血尿なのか赤血球が尿と一緒に
排出されたものなのかはわかりません。
病院で血液検査をすれば、赤血球の異常なのかなど
調べてもらえるので、血尿かな?と思ったら早い段階で病院での
血液検査をオススメします。


血尿の症状からみられる病気は種類も多いけど
怖い病気が多いので、ワクチン接種もだけど
血液検査も、年に一度くらいは健康なときであっても検査しておくのもいいのではなかろぅか。
ちなみに、私が利用している病院は、
血液検査+血液生化学検査(特に内臓系の肝臓や腎臓の異常をチェック)は
9,600円でやってくれてます。血液検査だけなら5000円くらいではないかな?…
病院によって異なるでしょうが。




スポンサーサイト
22:31 | うちの猫のかかった病気 | comments (0) | edit | page top↑

結膜炎

: 結膜炎

<あくまで、うちの猫がかかった病気や症状などです>
今後、産まれてくる子猫たちのために、改めてうちのこが かかった病気を記しておく事で、役に立つ事がでてくるんじゃないか、と思い書いた記事ですから、もし、おたくの猫ちゃんに異変があるなら、まずは病院へ行ってあげてくださいね。ココで病気についての質問等にはお答えしません。私は医者じゃないですので。ご理解下さい。ただし、うちの子はこんな症状だったよーとかそういぅのは逆にコメントしていただきたいです。同じ病名でも、症状が異なる場合もなくはないでしょうから。参考にさせていただく事もあるかと思います 

<閲覧をお断りしたい方>
動物には自己治癒力があるんだから、病院通いなんてさせないで
 ほっときゃ治る。と思ってる方は直ちに閲覧をおやめになって下さい
病院へ通わせる事でストレスになる。とかそれも飼い主さんなら想う事もあるとおもいますが
(それもペットへの思いやりですが)私は、早期発見、治療を迷わず選びますので
閲覧をおやめになった方がいいと思います。



 結膜炎 には、たいが、ななもかかった事のある病気です。

症状 : 涙がたくさんでる、まぶたが腫れる、まぶたの内側が赤く充血、
      目をしょっちゅうカイカイする


たいがが、結膜炎にかかった時は、わりと軽症でした。
ただ、鼻水も出ていて、猫風邪と混合してかかっていました。
飲み薬(抗生剤)と目薬のみで2日程で症状は治まりました

ななは重症でした…左目だけだったのですが、目が飛び出るんじゃないか、といぅくらい
まぶたが腫れあがり、まぶたの膜?(内側の)目の表面に飛び出し(…言葉で説明が難しい)
頻繁に目をこすってました。カラーをつけてかけないよぅにしても
カラーを意地でも自分で外して、目をこする程、目が痒かった(違和感がある)よぅです。
ななの完治まで1ヶ月はかかりました。
目薬、飲み薬、インターフェロン注射
ほぼ、毎日病院通いでした。

原因は、目に異物が入る、とか猫カリシウイルスやヘルペスウイルスなどのウイルス感染がきっかけで発症するよぅです。
…となると、たいがは 猫カリシウイルスのキャリア…
といぅ事になる。いや、なな自身もキャリアなのかもしれない。
何かの拍子に、ウイルスが目覚めた…とも考えられる

ワクチン接種はしていても、感染を防げない…
多頭飼いだと、次から次に感染してしまうので、完治するまでは完全隔離で飼育となります

目薬をキラうにゃんこは多いと思いますが
ななくらい重症になると、目薬がしみるらしく
点眼と同時に跳ね上がって、すごい悲鳴あげて逃げ出します。
飼い主は…しょっちゅう流血です
でも、点眼後、すぐにカラーをつけてあげないと目をこするので
これには、毎日、一日4~5回の点眼には苦労しました

こうやって、病名を並べていくと、猫カリシウイルスが関わっている事が
分かってきました。・・・やはり子猫にも母体感染してしまうのだろうか・・・

現在の主治医は、おそらく心配ないですよ。と励ましてくれるけど
感染すると、分かっているなら…可能性があるなら
たいがとななの子猫を望んだ事は、間違いなのだろぅか・・・

ウイルスを持っていても発症しなければ・・・と願うけど
それは飼い主のエゴなんだろぅか…



21:25 | うちの猫のかかった病気 | comments (0) | edit | page top↑

猫伝染性鼻気管炎:猫カリシウイルス

猫伝染性(ウイルス性)鼻気管炎or猫カリシウイルス

<あくまで、うちの猫がかかった病気や症状などです>
今後、産まれてくる子猫たちのために、改めてうちのこが かかった病気を記しておく事で、役に立つ事がでてくるんじゃないか、と思い書いた記事ですから、もし、おたくの猫ちゃんに異変があるなら、まずは病院へ行ってあげてくださいね。ココで病気についての質問等にはお答えしません。私は医者じゃないですので。ご理解下さい。ただし、うちの子はこんな症状だったよーとかそういぅのは逆にコメントしていただきたいです。同じ病名でも、症状が異なる場合もなくはないでしょうから。参考にさせていただく事もあるかと思います 

<閲覧をお断りしたい方>
動物には自己治癒力があるんだから、病院通いなんてさせないで
 ほっときゃ治る。と思ってる方は直ちに閲覧をおやめになって下さい
病院へ通わせる事でストレスになる。とかそれも飼い主さんなら想う事もあるとおもいますが
(それもペットへの思いやりですが)私は、早期発見、治療を迷わず選びますので
閲覧をおやめになった方がいいと思います。



・うちの「たいが」が一番初めに かかった病気です。
 病気と呼ぶのか、感染したというのが正しいのかは、判断しかねるとこですが。
 どちらか、病名がはっきりしないのは、各々の医療者の判断によるからです。


といぅのも猫カリシウイルスこの病気と猫伝染性(ウイルス性)鼻気管炎
混合感染する事が多く症状も似ています。
(が、猫カリシウイルスは回復後も「キャリア=保有者」となる可能性あり。よぅはウイルス持ち、持病持ち)


以前、かかっていた病院では「猫カリシウイルス」と判断されましたが
現在かかりつけの病院では「猫伝染性(ウイルス性)鼻気管炎」と判断されました。

症状はほぼ同じ症状で、季節の変わり目だったり
引越しをした、新たに猫が増えた、といったストレスによって発症してます。


 症状 : くしゃみ、鼻水、涙(目やに)、発熱

 一般的に、「猫風邪」「猫インフルエンザ」とも言われてるよぅです。
 子猫の時期にかかりやすい病気。特に冬とか、季節の変わり目。
 感染した猫の鼻水、唾液 または、飼い主を通して間接的にも感染する
 多頭飼いの場合、食器、トイレ、飛沫(くしゃみ)などでも感染

 治療法 : 飲み薬(抗生剤)、目薬、インターフェロン注射
        (病院によって異なると思います)


 ここで、私がたいがにしてあげた事といえば

* まずは病院に連れて行った 

* 出された薬は、猫がイヤがっても飲ませる。

* 目やに、鼻水が出たら、なるべくすぐに拭き取る。

* お熱がある時は、水分補給を!
本人(猫)が自分から飲もうとしなかったから スポイトで飲ませた。

* ウイルスが死滅しやすいよぅに、部屋の湿度を高くした。
     (乾燥しているトコではウイルスはなかなか死滅しません)

* 早く良くなるよぅに…と祈った…w


ここで、たいがが何故ウイルス感染したのかが 問題でした。
当時たいがは、完全室内飼いで、1匹のみで飼育してましたし
私や家族が他の猫に触れた…という事もないからです。
(ペットショップから引き取った時は、1回目のワクチン済み)

原因として考えられるのが、ペットショップまたはブリーダーの所にいた頃に
感染していた…
(しかし…ウイルスの潜伏期間からすると…発症までに時間がかかりすぎている)
んー。なので、母体感染などでは…ないだろぅ

となると…私達が何気に歩いている道路だったり
公園だったり、そこにノラ猫ちゃん(ウイルス感染している)とかの
うんちを踏んだ靴が原因だったり・・・
衣服や手などにウイルスが付着していて
そのまま家に 私自身がウイルスを持ち込んだ可能性も…

そぅ考えると、これを(感染を)完璧に防ぐ事は…不可能ですよね。
(無菌室でも作れば可能でしょうけどw)
でも、飼い主として してあげられることは

外から帰ったら、手洗いをした後で猫と触れ合う  とか
症状に気づいたら 早い段階で病院へ行く  といぅ事くらいは
してあげられる事なのだと思います。


                  うちの猫がかかった病気:第1弾

17:20 | うちの猫のかかった病気 | comments (5) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。