スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

祝!出産(v_v。)


前日のななの体温(夜)が37,9℃と、まだ出産まで遠いかなぁ。と思ってました。
その晩、にぁは少し熱があったので、風邪薬を飲んで早めに就寝。
薬の効き目か、その晩は、ななに起こされることなく暴睡してました。

11月8日 (土) A:M 8:40
「ななのおしりからっ子供が出よるっ!」

と、パパに起こされ飛び起きました・・・
慌ててななに駆け寄り見てみると、子猫ではなく羊水の袋が
膣から出てました。・・・ある意味、いきなり子猫でなくて安心しましたが
ななは、産床には入ろうとせず、ただ、うろうろするばかり・・・

陣痛が来るまでは、ななの好きにさせておこうと様子を見てると
A:M 8:55 ふつーに床の上で、まず羊水の袋を噛み破りました。
そして、その袋からこぼれた羊水をキレイに舐めて、床にゴロン・・・

床の上で…しかもPCチェアの下で産む気なのかな・・・

A:M 9:20頃、ななが一声、苦しそうな声を出しました。
陣痛か?! きたかきたかー

が・・・その後も床にゴロンと寝転んで、いきみそうな様子はナシ。
ただ、徐々に自分の体をせっせと舐め始め、まるで陣痛を促してるかのような
行動をずっと、続けてました。


・・・・・・


しだいに、なながにぁに向かって、何度も鳴き始めます
「もぅすぐだね(v_v。)」「頑張るんだぞ」声をかけながら、頭やおなかをさすってあげ
ななも、それに答えてくれてるかのよぅに、「にゃー」「にゃー」と鳴きます。

ななが、いきみ始めました。その度に赤ちゃんが見え隠れ。
・・・第1子。逆子でした。後ろ足と尻尾が先に出てきたのです

そのせぃか、なかなか赤ちゃんは出てこず、ななもいったん
いきむのをやめ、休憩モードに入ってしまいました。

30分程たってから、また波がきたのか、ななが鳴き始めます
「頑張れ!」「頑張れ!」「いきむんだよ」と声をかけると
「んんー」といきみ始めました。

・・・・・・

P:M 12:15 第1子の誕生です!!

床の上で産まれ、ななはどうしていいのか分からなかったのか
子猫がまだ胎盤にくるまれてるのに、ひきずり歩きます。
・・・手を貸さなきゃダメか・・・

「なな、赤ちゃんココだよ?」と指をさしてうながすと
赤ちゃんを舐め始めました(*/∇\*)
そして、キレイに赤ちゃんを舐め終わると、出てきた胎盤を
食べ始め、へその緒を噛み切りました。

スゴイです。エライです 誰に教わるでもなく
母として、やるべきことがわかっているんですねぇ(TдT)感動でした

第1子

で、産まれたはいいけど、床の上に放置する訳にもいかず・・・
手を消毒し、ななに「赤ちゃん触るからね」と声をかけて
産床へ移しました。それを見てななも、産床に入りまた赤ちゃんを
舐め始めました。・・・あと4匹。がんばってもらわねば(≧ヘ≦)


初めてのお乳♪

第1子を出産して1時間以上経過したのに、ななはなかなか
お乳をあげようとしませんでした。
2時間経過・・・第2子も誕生が遅れてます。一度病院へ連絡。

様子を伝えると、特に問題なさそうなので、長丁場になるだろぅが
そのまま静かに見守るようにとの事。

・・・3時間経過。・・・なながしきりにお乳を舐め始めました
そして!P:M 15:30 初お乳♪
待っていたかのように子猫はお乳に食らい付きますw
「よかったーーー(TдT)」
育児放棄ではなかった。でも・・・第2子が。まだ・・・

ここで、にぁは お昼を食べにななのそばを10分程離れました。


第2子

急いでお昼を流し込んで、ななのトコに戻ると・・・

Σ( ̄□ ̄!)

第2子 誕生してました!!
おそらくP:M 15:35 くらいに産まれたものと思われます。

そして、なながまたいきみ始めた!・・・と思ったら第2子の
胎盤が出てきて、その処理を始めました。



第3子

P:M 16:35

胎盤と一緒に第3子の誕生です!!ななにそっくりな模様の子猫です
胎盤の処理をし、ろくに子猫の体をキレイにしてあげる間もなく
今度は


第4子

P:M 16:55

第3子を出産して、わずか20分ほどで第4子の誕生でした!!
まだ体が濡れていて、はっきりとは分かりづらいですが
ちょっと三毛っぽい柄の子猫です♪


あと1匹・・・思ったより時間がかかったようだけど
5匹目は、そして、ななは体力が持つだろうか・・・


ここまで、ずっとにぁ 一人で出産に立ち会いましたが
娘を呼ぶことにしました。

第5子

P:M 18:35 

ついに、第5子が誕生です(v_v。)
娘は「なんかね、なんかね。胸がふるえてね、涙が出そうになった」
と感動しておりました。小学3年生の頃の思い出が
記憶に残るかどうか、分からないけど、確かに今、娘は
命の誕生を見て、尊い何かを感じてくれたのだと思いました

そろってお乳('-'*)

そして、5匹そろって お乳タイム♪
まだ、体も濡れたままの子猫もいるけど
必死にななのお乳を探して、もがいて、転がってw

ななも、愛しい我が子に、お乳が飲みやすいようにと
人間では考えられないよぅなキツイ体勢でお乳をあげつづけます。

丸半日、お産を頑張ってくれたなな。
ありがとぅ(v_v。)ゆっくり、体を休めなさいね・・・

5ニャンコ

そして、今朝起きて、ななのエサが全然減ってないことに気づきました
・・・ずっと、一晩中、子猫にお乳を与え続けてたよぅなんです。
私達が近くにいたら、不安でななが子猫のそばを離れられなくなるんじゃ…
と思っていたのに。ななは、私達が寝た後も、ずっと…子猫のそばにいたんだ


「なな、おはよぅ^^」
と声をかけると、待ってましたとばかりに、 ななは産床から
出てきてエサをガブつきます。

・・・代わりに、子猫達を見てて・・・って言ってるのかな?・・・


新しい家族との毎日が 始まった('-'*)




ななちゃん!頑張った♪
応援ありがとぅ(*/∇\*)





スポンサーサイト
10:58 | コニャンコ♪ | comments (9) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。