スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

結膜炎

: 結膜炎

<あくまで、うちの猫がかかった病気や症状などです>
今後、産まれてくる子猫たちのために、改めてうちのこが かかった病気を記しておく事で、役に立つ事がでてくるんじゃないか、と思い書いた記事ですから、もし、おたくの猫ちゃんに異変があるなら、まずは病院へ行ってあげてくださいね。ココで病気についての質問等にはお答えしません。私は医者じゃないですので。ご理解下さい。ただし、うちの子はこんな症状だったよーとかそういぅのは逆にコメントしていただきたいです。同じ病名でも、症状が異なる場合もなくはないでしょうから。参考にさせていただく事もあるかと思います 

<閲覧をお断りしたい方>
動物には自己治癒力があるんだから、病院通いなんてさせないで
 ほっときゃ治る。と思ってる方は直ちに閲覧をおやめになって下さい
病院へ通わせる事でストレスになる。とかそれも飼い主さんなら想う事もあるとおもいますが
(それもペットへの思いやりですが)私は、早期発見、治療を迷わず選びますので
閲覧をおやめになった方がいいと思います。



 結膜炎 には、たいが、ななもかかった事のある病気です。

症状 : 涙がたくさんでる、まぶたが腫れる、まぶたの内側が赤く充血、
      目をしょっちゅうカイカイする


たいがが、結膜炎にかかった時は、わりと軽症でした。
ただ、鼻水も出ていて、猫風邪と混合してかかっていました。
飲み薬(抗生剤)と目薬のみで2日程で症状は治まりました

ななは重症でした…左目だけだったのですが、目が飛び出るんじゃないか、といぅくらい
まぶたが腫れあがり、まぶたの膜?(内側の)目の表面に飛び出し(…言葉で説明が難しい)
頻繁に目をこすってました。カラーをつけてかけないよぅにしても
カラーを意地でも自分で外して、目をこする程、目が痒かった(違和感がある)よぅです。
ななの完治まで1ヶ月はかかりました。
目薬、飲み薬、インターフェロン注射
ほぼ、毎日病院通いでした。

原因は、目に異物が入る、とか猫カリシウイルスやヘルペスウイルスなどのウイルス感染がきっかけで発症するよぅです。
…となると、たいがは 猫カリシウイルスのキャリア…
といぅ事になる。いや、なな自身もキャリアなのかもしれない。
何かの拍子に、ウイルスが目覚めた…とも考えられる

ワクチン接種はしていても、感染を防げない…
多頭飼いだと、次から次に感染してしまうので、完治するまでは完全隔離で飼育となります

目薬をキラうにゃんこは多いと思いますが
ななくらい重症になると、目薬がしみるらしく
点眼と同時に跳ね上がって、すごい悲鳴あげて逃げ出します。
飼い主は…しょっちゅう流血です
でも、点眼後、すぐにカラーをつけてあげないと目をこするので
これには、毎日、一日4~5回の点眼には苦労しました

こうやって、病名を並べていくと、猫カリシウイルスが関わっている事が
分かってきました。・・・やはり子猫にも母体感染してしまうのだろうか・・・

現在の主治医は、おそらく心配ないですよ。と励ましてくれるけど
感染すると、分かっているなら…可能性があるなら
たいがとななの子猫を望んだ事は、間違いなのだろぅか・・・

ウイルスを持っていても発症しなければ・・・と願うけど
それは飼い主のエゴなんだろぅか…


スポンサーサイト

21:25 | うちの猫のかかった病気 | comments (0) | edit | page top↑
消化不良腸炎と膀胱炎 | top | 猫伝染性鼻気管炎:猫カリシウイルス

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。